DearCare ディアケア プレミアム | 療養の現場で使える実践ナビゲーション

DearCare ディアケア プレミアム | 療養の現場で使える実践ナビゲーション

検索閉じる

メニュー閉じる

ディアケア プレミアム ログイン

※ログイン情報は、ディアケア(無料)と共通です。※ディアケア プレミアムに未登録の方はまず「お試しユーザー(無料、初回のみ)」にご登録ください。
※ディアケア プレミアムの詳細はこちら

会員メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方


キャンセル

ログインができない場合は、「Q&A(よくあるご質問)」をご参照ください。
※パスワードを5回連続で間違えると30分間ログインができなくなります。

「ディアケア」未登録の方
ディアケア プレミアムのご利用には、ディアケアの会員登録(無料)が必要です。会員登録後、ディアケア プレミアム お試しユーザー(登録月無料、初回のみ)にご登録をお願いいたします。
「ディアケア プレミアム お試しユーザー」の方
「お試しユーザー」登録の当月のみご利用いただけます。翌月以降もご利用いただくためには「ディアケア プレミアムユーザー登録(有料)」をしてください。

ディアケア プレミアム ユーザー登録をする
(月額800円(税込)

お試しユーザーの期間はご登録の当月内までとなります。ディアケア プレミアムユーザー登録をすると翌月以降も継続してご利用いただけます。

月額800円(税込)で、全てのコンテンツをご覧いただけます。まずはお試しユーザー登録を行うことで、登録月内は無料でご覧いただけます。ディアケア プレミアムとは?

#呼吸ケア

痰を出す技術:病棟でも在宅でも簡便にできる排痰法

高齢者の人口は近年ますます増加しています。それに伴い、患者さんにも高齢の方や、さまざまな疾患を重複して抱える方が急増しています。このような患者さんでは、加齢、疾患の重症度、栄養不足、身体不活動などに起因して、呼吸機能、嚥下機能、免疫機能の低下や、全身的な筋力・体力の低下が引き起こされます。それによって、痰の管理に難渋し、肺炎を併発したり、呼吸・全身状態が悪化しやすくなります。そのため、医療スタッフや在宅・療養スタッフにおいて、貯留した痰を効率よく排出する排痰法を習得しておくことが有益です。
排痰法は、痰の有無や貯留部位を身体診査によって評価し、末梢気道の痰は体位ドレナージや呼吸法、スクイージング等によって中枢へと移動させ、さらに中枢気道の痰をハフィングや咳嗽によって体外に排出する形が基本となります。
このコンテンツでは、この流れに沿って排痰介助の方法やコツをご紹介します。また、在宅の患者さんなど、介助者が不在の場合でも行いやすいよう、自己介助による排痰方法も取り上げています。ぜひ日々の排痰ケアに取り入れていただければ幸いです。

横山 仁志

横山 仁志

所属
聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーションセンター 主幹
略歴
平成6年 高知リハビリテーション学院・佛教大学社会学部社会福祉学科(通信教育)卒業
平成6年 聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーション部入職
平成15年 筑波大学大学院教育研究科リハビリテーションコース修了
聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーションセンターに勤務.救命救急・熱傷センターに専従し、主に人工呼吸装着患者・急性期の呼吸器疾患患者に対する呼吸リハビリテーションに携わっている。
所属学会
日本理学療法士学会
日本呼吸理学療法学会
日本呼吸療法医学会
日本集中治療医学会

2020年12月現在

動画一覧

2021年03月公開

ページTOP