DearCare ディアケア プレミアム | 療養の現場で使える実践ナビゲーション

DearCare ディアケア プレミアム | 療養の現場で使える実践ナビゲーション

検索閉じる

メニュー閉じる

ディアケア プレミアム ログイン

※ログイン情報は、ディアケア(無料)と共通です。※ディアケア プレミアムに未登録の方はまず「お試しユーザー(無料、初回のみ)」にご登録ください。
※ディアケア プレミアムの詳細はこちら

会員メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方


キャンセル

ログインができない場合は、「Q&A(よくあるご質問)」をご参照ください。
※パスワードを5回連続で間違えると30分間ログインができなくなります。

「ディアケア」未登録の方
ディアケア プレミアムのご利用には、ディアケアの会員登録(無料)が必要です。会員登録後、ディアケア プレミアム お試しユーザー(登録月無料、初回のみ)にご登録をお願いいたします。
「ディアケア プレミアム お試しユーザー」の方
「お試しユーザー」登録の当月のみご利用いただけます。翌月以降もご利用いただくためには「ディアケア プレミアムユーザー登録(有料)」をしてください。

ディアケア プレミアム ユーザー登録をする
(月額800円(税込)

お試しユーザーの期間はご登録の当月内までとなります。ディアケア プレミアムユーザー登録をすると翌月以降も継続してご利用いただけます。

月額800円(税込)で、全てのコンテンツをご覧いただけます。まずはお試しユーザー登録を行うことで、登録月内は無料でご覧いただけます。ディアケア プレミアムとは?

#身体ケア

在宅でできる関節可動域訓練の実際
:拘縮予防のために

日常生活動作を行ううえで、肘や膝、肩などの関節の動きは非常に重要です。加齢や寝たきり、長期入院などによって身体をあまり動かさない状態が続くと、徐々に関節が動かしにくくなります。このように関節運動の機会が減少すると、ますます動かしにくくなるという悪循環に陥ってしまいます。そのため、定期的な関節可動域訓練の実施により、拘縮を予防することが推奨されています。
身体の構造を知ると、関節を動かす際の注意点やポイントも理解しやすくなります。このコンテンツでは、まず骨格標本で関節の構造や動きをご覧いただき、その後に実際に人の身体で動きをご覧いただく2ステップで、拘縮予防に効果的な関節可動域訓練の手技をご紹介いたします。さらに、長期療養に伴ってみられがちな筋緊張が亢進したような方に対する、緊張を緩めるような関節の動かし方のポイントも解説しています。
日々の日常生活動作が痛みなく行えるような一助となれば幸いです。

山田 実

山田 実

所属
筑波大学人間系
教授
略歴
2008年 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 助手
2010年 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 助教
2014年 筑波大学人間系 准教授
2019年 筑波大学人間系 教授(現職)
所属学会
日本老年療法学会 副理事長
日本老年医学会 代議員
日本体力医学会 評議員
日本サルコペニア・フレイル学会 理事
日本予防理学療法学会 理事
日本転倒予防学会 理事

2021年8月現在

動画一覧

2021年09月公開

ページTOP