DearCare ディアケア プレミアム | 療養の現場で使える実践ナビゲーション

DearCare ディアケア プレミアム | 療養の現場で使える実践ナビゲーション

検索閉じる

メニュー閉じる

ディアケア プレミアム ログイン

※ログイン情報は、ディアケア(無料)と共通です。※ディアケア プレミアムに未登録の方はまず「お試しユーザー(無料、初回のみ)」にご登録ください。
※ディアケア プレミアムの詳細はこちら

会員メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方


キャンセル

ログインができない場合は、「Q&A(よくあるご質問)」をご参照ください。
※パスワードを5回連続で間違えると30分間ログインができなくなります。

「ディアケア」未登録の方
ディアケア プレミアムのご利用には、ディアケアの会員登録(無料)が必要です。会員登録後、ディアケア プレミアム お試しユーザー(登録月無料、初回のみ)にご登録をお願いいたします。
「ディアケア プレミアム お試しユーザー」の方
「お試しユーザー」登録の当月のみご利用いただけます。翌月以降もご利用いただくためには「ディアケア プレミアムユーザー登録(有料)」をしてください。

ディアケア プレミアム ユーザー登録をする
(月額800円(税込)

お試しユーザーの期間はご登録の当月内までとなります。ディアケア プレミアムユーザー登録をすると翌月以降も継続してご利用いただけます。

月額800円(税込)で、全てのコンテンツをご覧いただけます。まずはお試しユーザー登録を行うことで、登録月内は無料でご覧いただけます。ディアケア プレミアムとは?

#身体ケア

麻痺のアセスメント:ブルンストロームテスト

ブルンストロームステージ(BRS:Brunnstrom Stage)は、麻痺の程度を評価するためのスケールです。麻痺の回復過程をステージ化したもので、中枢神経麻痺に特有の運動パターンをテストすることで、評価を行います。『脳卒中治療ガイドライン2021』においては、脳卒中リハビリテーションを進めるうえで、本スケールを用いた評価が「推奨度A(強い推奨):行うべきである、行うよう勧められる」とされており、臨床現場でも頻回に評価に使われています。

ナースがBRSを理解することで、患者さんが、今、どのような回復過程にあり、麻痺側でどの程度の動きをとることが可能なのか、どういった部分に介助が必要になるのかを把握するのに役立ちます。また、理学療法士/作業療法士や、医師との共通言語として、情報共有、アセスメントにも活用できます。

本コンテンツでは、表1に示すような形でテストを行い、各ステージを評価しています。ナースが試みる際は、まずはStageⅢのテストから試みるとよいでしょう。そして、Ⅲの動作がとれなければ、Ⅱ、Ⅰのテストへ、問題なくⅢの動作がとれるようであれば、Ⅳ~Ⅵのテストへと進みましょう。
テストの方法と実際の動きを合わせて見ることで、BRSの理解にお役立ていただければ幸いです。

参考文献
1.Brunnstrom S. Motor testing produres in hemiplegia. Based on sequential recovery stages. Phys Ther 1996;46:357-375.
2.日本脳卒中学会 脳卒中ガイドライン委員会:脳卒中治療ガイドライン2021.協和企画,東京,2021.


表1 ブルンストロームテスト

山田 実

山田 実

所属
筑波大学人間系
教授
略歴
2008年 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 助手
2010年 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 助教
2014年 筑波大学人間系 准教授
2019年 筑波大学人間系 教授(現職)
所属学会
日本老年療法学会 副理事長
日本老年医学会 代議員
日本体力医学会 評議員
日本サルコペニア・フレイル学会 理事
日本予防理学療法学会 理事
日本転倒予防学会 理事

2021年8月現在

動画一覧

2021年10月公開

ページTOP