DearCare ディアケア プレミアム | 療養の現場で使える実践ナビゲーション

DearCare ディアケア プレミアム | 療養の現場で使える実践ナビゲーション

検索閉じる

メニュー閉じる

ディアケア プレミアム ログイン

※ログイン情報は、ディアケア(無料)と共通です。※ディアケア プレミアムに未登録の方はまず「お試しユーザー(無料、初回のみ)」にご登録ください。
※ディアケア プレミアムの詳細はこちら

会員メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方


キャンセル

ログインができない場合は、「Q&A(よくあるご質問)」をご参照ください。
※パスワードを5回連続で間違えると30分間ログインができなくなります。

「ディアケア」未登録の方
ディアケア プレミアムのご利用には、ディアケアの会員登録(無料)が必要です。会員登録後、ディアケア プレミアム お試しユーザー(登録月無料、初回のみ)にご登録をお願いいたします。
「ディアケア プレミアム お試しユーザー」の方
「お試しユーザー」登録の当月のみご利用いただけます。翌月以降もご利用いただくためには「ディアケア プレミアムユーザー登録(有料)」をしてください。

ディアケア プレミアム ユーザー登録をする
(月額800円(税込)

お試しユーザーの期間はご登録の当月内までとなります。ディアケア プレミアムユーザー登録をすると翌月以降も継続してご利用いただけます。

月額800円(税込)で、全てのコンテンツをご覧いただけます。まずはお試しユーザー登録を行うことで、登録月内は無料でご覧いただけます。ディアケア プレミアムとは?

#身体ケア

生活動作の介助技術:リハビリテーションの視点から

このコンテンツでは、在宅や施設で過ごす患者さんの機能低下を防ぎ、“できる”を増やせる生活動作の介助方法をご紹介します。
ここでご覧いただく介助方法は、心身の機能の維持・向上にむけた「機能的介助」を基本としています。機能的介助で心がけたいことは2つあります。1つは、健康な方が行う自然の動作を意識し、できるだけ負担がなく、スムーズな動作となるよう介助することです。もう1つは、患者さんのもつ機能を最大限に活かし、できるだけご自身の力を使っていただくことです。そのためには、患者さんがどの程度身体を動かすことができるのかを、きちんと見きわめることがポイントです。
患者さんの機能を引き出す介助とはどういった介助なのか。介助そのものが、患者さんのリハビリテーションになり、生活援助にもなるという、そのノウハウをこのコンテンツでお伝えします。
患者さんの心身の機能が向上してくことをめざし、それぞれの患者さんにふさわしい介助となるよう、動画の内容をぜひ応用してください。

(撮影協力:一般社団法人 巨樹の会 原宿リハビリテーション病院)

※動画では、主に右側に麻痺のある患者さんを想定し、介助方法をご紹介しています

[編集協力]
栗原 芳久(一般社団法人 巨樹の会 原宿リハビリテーション病院 副院長 理学療法士)
田村 公介(同病院 リハビリテーション科 係長 理学療法士)
瀬古 啓介(同病院 リハビリテーション科 副主任 理学療法士)
中野 恵(同病院 看護部 看護師長 慢性心不全看護認定看護師)
金子 優(同病院 リハビリテーション科 理学療法士)
松尾 美里(同病院 看護部)

[編集]稲川 利光

稲川 利光

所属
カマチグループ関東本部 リハビリテーション関東統括本部長
原宿リハビリテーション病院
リハビリテーション科専門医・指導医
医学博士
略歴
理学療法士として勤務後、医師を志し、香川医科大学(現在:香川大学医学部)に入学。卒業後、香川医科大学第二内科(循環器科)、NTT東日本伊豆病院内科医長、NTT東日本関東病院リハビリテーション科部長、原宿リハビリテーション病院筆頭副院長を経て、2021年より現職。日本リハビリテーション医学会専門医・指導医、東京医療保健大学臨床教授。医学博士。

2021年4月現在

動画一覧

2021年08月公開

ページTOP