DearCare ディアケア プレミアム | 療養の現場で使える実践ナビゲーション

DearCare ディアケア プレミアム | 療養の現場で使える実践ナビゲーション

検索閉じる

メニュー閉じる

ディアケア プレミアム ログイン

※ログイン情報は、ディアケア(無料)と共通です。※ディアケア プレミアムに未登録の方はまず「お試しユーザー(無料、初回のみ)」にご登録ください。
※ディアケア プレミアムの詳細はこちら

会員メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方


キャンセル

ログインができない場合は、「Q&A(よくあるご質問)」をご参照ください。
※パスワードを5回連続で間違えると30分間ログインができなくなります。

「ディアケア」未登録の方
ディアケア プレミアムのご利用には、ディアケアの会員登録(無料)が必要です。会員登録後、ディアケア プレミアム お試しユーザー(登録月無料、初回のみ)にご登録をお願いいたします。
「ディアケア プレミアム お試しユーザー」の方
「お試しユーザー」登録の当月のみご利用いただけます。翌月以降もご利用いただくためには「ディアケア プレミアムユーザー登録(有料)」をしてください。

ディアケア プレミアム ユーザー登録をする
(月額800円(税込)

お試しユーザーの期間はご登録の当月内までとなります。ディアケア プレミアムユーザー登録をすると翌月以降も継続してご利用いただけます。

月額800円(税込)で、全てのコンテンツをご覧いただけます。まずはお試しユーザー登録を行うことで、登録月内は無料でご覧いただけます。ディアケア プレミアムとは?

#身体ケア

拘縮を“進ませない”“やわらげる”ための
ポジショニングのコツとポイント

病棟でよくみる患者さんの拘縮は、麻痺に伴う筋緊張の高まりや、長期の臥床・不動によって生じます。拘縮が進むと、より身体が動かしづらくなってしまい、ADLの低下につながります。そして、それがさらに拘縮を助長させてしまうという悪循環に陥ってしまいます。
拘縮を進ませない、やわらげるために大切なのが「ポジショニング」です。クッション等を活用し、筋緊張を緩和できるように支えてあげることが、よいポジショニングのポイントです。代表的な体位ごとのポジショニングのコツをご紹介します。

久松 正樹

久松 正樹

所属
社会医療法人 医仁会 中村記念南病院
回復期リハビリテーション病棟 病棟師長
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
略歴
1999年、浦河赤十字看護専門学校卒業後、浦河赤十字病院を経て、2002年医療法人医仁会中村記念病院ICU・SCU勤務。
2007年、同病院4階病棟・SCU病棟主任。2012年、脳卒中リハビリテーション看護認定護師資格取得。
2014年より社会医療法人医仁会中村記念病院回復期リハビリテーション病棟主任。
2016年、同回復期リハビリテーション病棟看師長。
2019年より現職。
脳卒中看護について院内外での講義も多数(アシストラーニング『SCU看護(急性期の脳卒中ケア)&画像の見方』、日総研『症状から考える!脳神経看護の実践』、日本救急看護認定看護師会×JDIEC『病態-画像-症状-看護がつながる!脳神経セミナー』など)。

2020年12月現在

動画一覧

2021年07月公開

ページTOP